河津桜の見ごろは例年いつ頃?主要地のデータで2017を大予想!

冬に咲く河津桜を是非見てみたいと思い立ち、例年だと見ごろがいつなのか?まとめてみました。有名なのはなんと言っても発祥の地である伊豆の河津町ですが、全国なるべく多くの地域について、河津桜の見ごろを調べてみました。
河津桜とメジロ
伊豆の河津町では、例年2月上旬から3月上旬まで花が咲き、満開前の6分咲きの頃からが見ごろとされています。他の地域はどうでしょうか?そして2017年の予想もしてみました。

寒い冬でも河津桜を見て、春の訪れを感じましょう!!

スポンサーリンク

河津桜の見ごろとは?その特徴

河津桜は伊豆の河津町に原木があり、寒緋桜と大島桜の自然交配された品種とされています。寒緋桜は早咲きの桜として、大島桜はエドヒガンと交配してソメイヨシノになったことで有名です。今では全国で見ることが出来ますが、伊豆の河津町では例年2月の上旬から3月の上旬まで花が咲きます。

花見で有名なソメイヨシノなどと比べると、開花時期が以上に早いんです。なんと冬に咲くんです。あと花が咲いている期間が1ヶ月ととても長いのです。

普通の桜なら満開時期に見に行けばよいですが、河津桜は6分咲きのくらいの時から、十分に楽しめて見ごろとされます。6割以上咲いていれば、華やかに見えるのも河津桜の特徴ですね。

あと満開となる期間は1週間程度あります。そして満開時期を過ぎると花が散らずに残るのですが、葉が混じってきてしまうそうです。

河津桜 見ごろ イメージ
1ヶ月も咲いているので、ゆっくり計画を練ることが出来るかというとあながちそうでもありません。河津桜は、予想が難しいと言われているからです。近くに住んでいる方々はいつでも見に行けますが、他の県から小旅行でやってくる方はこまめに情報を見たり、過去の状況も参考にしましょう。

傾向として、10度以上とか暖かい日が続くと一気に開花が進むようです。また終盤になっても、寒くなったり、暖かい日と寒い日が繰り返されると、花の咲いている時期が延びるようです。

各地の例年の開花時期、見ごろまとめ

伊豆(河津町)、東京(新宿御苑)、神奈川(三浦海岸、西平畑公園、小出川)、千葉(白子町)、三重県(はばなの里)の例年の開花時期、見ごろのデータをまとめています。
(情報は、随時加筆していく予定です。)

 都道府県開花時期見ごろ
河津町静岡2月上旬~3月上旬2月下旬~3月上旬
時之栖静岡2月下旬から3月下旬3月中旬
三浦海岸神奈川2月中旬~3月上旬3月上旬
西平畑公園神奈川2月中旬~3月上旬2月中旬~3月上旬頃
小出川
神奈川2月中旬~?
新宿御苑東京3月上旬~3月中旬
白子町千葉2月中旬~3月上旬
なばなの里三重3月上旬~3月の中旬くらい

☆過去の見ごろや開花時期・お祭り等の詳細は、場所ごとに記事後半にまとめています。是非参考にして下さい!

2017年の河津桜、開花、満開、見ごろの予想

2017年の冬ですが、『ラ・ニーニャ現象』が発生しているので例年より寒くなる予想です。1月中旬には寒波も訪れました。2010-2011年のラ・ニーニャ現象が発生した冬は、各地で大雪となり数十年ぶりの低温となりました。

このことから、今年2017年の河津桜の見ごろの時期は、例年と同じ、もしくは例年より遅くなるのではと思われます。(あくまで筆者の予想です。)

名所の一つ「はばなの里」でも、2017年の開花が3月上旬になるだろうとホームページで予想しています(当記事後半のはばなの里の項目を参照)。

ただ例外もあるようですね。2011年はラ・ニーニャ現象で寒い冬でしたが、はばなの里の河津桜は例年より早く咲いていたみたいです。逆もあるし予想は難しいです^^;

やはり各地元の情報をなるべく調べて行くのがベストではあります。

ニュース

東京都にある結婚式場、白金台の「八芳園」では2017年1月23日に早くも河津桜が咲いたようです。例年より3週間早く咲きました。

今年は寒冬になるとは言っても、そこまで冷え込んでいなく、前に日に比べ暖かい日となった23日の土曜日に咲いたそうです。寒暖差もすごく桜の開花に影響する様です。

『エル・ニーニョ』と『ラ・ニーニャ現象』と日本の気候

エル・ニーニョ現象とは太平洋の赤道と日付変更線が重なる辺りから、南米沿岸の海面の水温が長いこと平年より上昇する現象です。ラ・ニーニャ現象はその逆にその地域の海面の水温が平年より低くなる現象です。

科学的なメカニズムはまだ突き止められていないのですが、過去の観測から経験的に下のような状態になるようです。

エル・ニーニョ現象⇒暖冬
ラ・ニーニャ現象⇒寒冬
スポンサーリンク

静岡県の河津桜の名所

河津町(伊豆)

河津町内8,000本、河津川沿い800本の桜が見事です。今年2017年は2/10~3/10に河津桜まつりが行われます。きっと2017年はこの期間が開花時期になると予想しているのだと思います。
ライトアップもあります。
去年2016年は『エル・ニーニョ現象』の影響で暖かい日が多く、開花時期が例年に比べ10日間くらい早かったとのことです。去年の様子を少し見てみましょう。

  • 2/2 河津町の桜もずいぶん早くからつぼみをつけ、2月1日にはもう開花が始まっていました。
  • 2/15 原木は、8割咲いていたようです。ソメイヨシノでは8割で満開とされるので、満開ですね。
  • 2/22 全体的に満開となりました。2月の最初から開花が始まっていた木では、花が散り始めたようです。
  • 3/1 大部分の桜が葉桜となり花が散っていますが、まだ満開を保っている木もあったようです。
  • (参照:http://nazonazo.i-ra.jp/)

今年は寒さが厳しいそうなので、去年とは逆に見ごろの時期が遅れるかもしれませんね。

時之栖(御殿場市)

「ときのすみか」と読みます。

電話でお聞きしたところ、やはり例年河津桜が咲き始めるのは3月の終わりごろからということです。公式ページには、例年2月下旬~3月下旬と書かれています。

見ごろの時期をお尋ねしたところ開花が始まってから2週間後くらい、3月中旬だと教えてくれました。1420本あるらしいです。ここもすごいですね!

神奈川県の河津桜の名所

三浦海岸(三浦市)

神奈川県の三浦半島にあるすごい河津桜の名所です。京浜急行の終点「三崎口」の一つ前の「三浦海岸駅」で降リてください。「三浦海岸駅」~「小松ヶ池公園」までの1kmの沿線沿いに、1,000本の河津桜が植えられています。

2017年の三浦海岸桜まつりは2月11日(土)~3月12日(日)に行われます。ライトアップもあります。

下記のデータは去年のものです。エル・ニーニョ現象の影響なのか3月に入った時点で、満開が過ぎ、見ごろが終わっていました。例年は3月上旬に見ごろを迎えます。

2/4・・1,2割
2/11・・全体の2,3割開花
2/15・・全体の5,6割開花
2/17・・全体の7~8割開花
2/19・・完全に見ごろを迎える
2/26・・満開
2/28・・満開、1部葉桜のところも
3/1・・満開過ぎ、徐々に葉桜
3/6・・満開を過ぎる

西平畑公園(足柄上郡松田町)

足柄といえば『金太郎』ですね^^金太郎は足柄山ですが、河津桜と言えば、松田山です^^;松田山の斜面に約360本の河津桜が咲きます。

第19回まつだ桜まつりは2/11~3/12の日程で行われます。

小出川(茅ヶ崎)

茅ヶ崎と言えば『サザンオールスターズ』でしょうか^^;小出川沿いでは70本の河津桜を楽しめます。

小出川桜まつり、2017年はまだ未確認です。

東京都の河津桜の名所

新宿御苑(新宿区)

新宿御苑は新宿駅からも10分ちょっと位ですし、丸の内線の御苑前からはすぐです。非常にたくさんの種類の桜があります。河津桜の見ごろは3月上旬からとされています。
過去の河津桜の情報も集めてみましたので参考にしてください。

・開園時間:9:00~16:00
・料金:一般200円 小・中学生50円 幼児無料

基本的に平日の月曜日、祝日の次の火曜日、年末年始は閉園しているので気をつけてください。

  • 2016年・・2/23の時点で散り始めていた。葉桜だった。
  • 2015年・・3/11に見ごろを迎えている。
  • 2014年・・3/8の時点で見ごろだった。

千葉県の河津桜の名所

白子町(九十九里浜)

千葉県の房総半島、外房の九十九里浜沿いに白子町があります。ここでは中里地区のホテルの周辺で約400本の河津桜を見ることが出来ます。

『しらこ桜まつり』が毎年開催されますが、2017年はまだ未確認です。ライトアップも例年あります。

三重県の河津桜の名所

はばなの里(三重県桑名市)

はばなの里は、『三重県ナガシマリゾート』にあります。河津桜ははばなの里全域にある様なのですが、『中国料理 桃仙』前が有名らしいですね。

ここはもともとイルミネーションで有名なのですが、河津桜のライトアップも見事らしいです^^

はばなの里の予想ですが、2017年は開花が3月上旬になるのではということです。やはり今年は全体的に河津桜の時期が遅くなるかもしれませんね!

下の表ははばなの里のホームページに掲載されていた表と同じ内容ですが2016年以前の開花、見ごろなどのデータです。

 開花見ごろ終盤
2011年2/152月下旬-3/153/20
2012年3/8頃3/17-3/25頃4月初め
2013年3/9頃3/17-3/24頃3月末
2014年3/1頃3/8-3月下旬4月初め
2015年3/1頃3/20-3/294月初め
2016年2/132月下旬-3/15頃3月下旬
2017年3/1頃3/17-3/24頃4月初め

この表を見て確実なことは言えませんが、ここ『はばなの里』では河津桜は3月中旬頃が見ごろとなる感じですね。

まとめ

ソメイヨシノとか一般にお花見で有名な桜は3月下旬から東北、北海道だと5月くらいの中で10日間くらいしか楽しむことが出来ません。まぁそこがいいところなのですが、そんな桜をなるべく長く楽しめたらいいのにと思っていました。

これからは、河津桜など早咲きの桜を入れれば、2月位~4月位まで桜が楽しめそうです^^

詳しい情報は、例えば「新宿御苑 河津桜」等で検索して頂き、そこのホームページで河津桜の開花情報を確認して下さい。問い合わせの電話番号も載っていることが多いので、電話で聞いてみるのもおすすめです。

わたしは東京に住んでいて新宿御苑が近いので、こちらの河津桜も見に行こうと思っています。いずれ写真も掲載しようと思うので是非また当ブログにアクセスしてくださいね!

静岡県伊豆では、すでに『土肥桜』が開花しています。小規模ですが、「土肥桜まつり」が1/28~1/30まで開催されます。

静岡の熱海市の『あたみ桜』も2017年すでに開花したとのことです。「あたみ桜糸川桜まつり」が1/21~2/12まで行われますので、河津桜が待ちきれない方は見に行くと良いですね^^糸川沿いの遊歩道に58本のあたみ桜が咲きます。

参考文献:『桜旅』(細川呉港著,愛育社)、『旅と鉄道3月号』(朝日新聞出版)、『東京桜100花』(松本路子著、大場秀章監修、淡交社)

スポンサーリンク

イベント

Posted by 40sfile


PAGE TOP