火星の気温は何度?平均気温、気温差などを地球と比較してイメージ!

最近、火星への移住計画とか話題になることが多いですが、現段階ではどのくらい実現可能なことなのでしょう?

今回は、火星の平均気温や昼夜の気温差などを地球と比較して見ていこうと思います。火星の気温をイメージ出来る様に地球の地名も使って説明しています。

太陽からの距離が、火星は地球の地球の1.5倍ぐらいあること、大気が薄いことから寒いのは当たり前ですね^^

それでは見ていきましょう!

スポンサーリンク

火星の平均気温、最高・最低気温

火星の気温は下の表の様な感じです。
20℃は人間にとって快適な温度ですが、これは火星の最高温度の話であり、平均気温は南極より寒いです。

 K(ケルビン)℃(摂氏)
平均温度210k-63℃
最低温度133k-140℃
最高温度293k20℃

地球よりも太陽から遠いし、熱を保持してくれる大気も薄いし、海も無いです。
気温がとても低いのは当たり前ですね。

火星が地球よりずっと寒い要因

  • 太陽から遠い⇒太陽と地球の距離の1.5倍
  • 大気が薄い(主成分は熱を吸収しやすいCO2ではあるが。)
  • 海が無い(水は熱を吸収してくれる)

地球の環境と比べて、火星に環境がどれだけ過酷か比較してみましょう。

火星と地球の平均気温、最高、最低気温とを比較

地球の平均気温、最高最低気温を表にまとめたので、先ず上記の火星のものと比較してみて下さい。

地球の気温℃(摂氏)場所日時
平均気温15℃
最低温気温-89.3℃ボストーク(南極)1983年7月21日
最高温気温56.7℃デスバレー(アメリカ)1913年7月10日

先ず、火星の最高気温の20℃ですが、これは日本の平均気温より暖かい感じです。
東京で言ったら、5月、6月ぐらいの気温ですね。沖縄の年の平均気温は20℃を超えます。

表にも書いて掲載しておきましたが、地球の平均気温は15℃ぐらいらしいです。
らしいと書いたのは、気象庁も地球の平均温度は出していないと言っています。
正確な見積もりを出すのが困難であるし、意味が無いとホームぺージ上で答えています。

2017年の理科年表を見ると、年平均で一番気温が低いのは、南極のボストーク(Vostok)-55.2℃です。
ここの平均気温は火星の平均気温と近いですね。

昼夜の気温差についてですが、ボストークは月の平均気温が-31.4~-68.5ですので、そこまで気温差はないと思います。
火星は地球と比べて大気が薄いので、昼と夜の気温差が凄くあると思います。月は凄い気温差があります。

ちなみに、日本の昭和基地は、-10.4度でした。

火星の最低気温の-140℃ですが、地球上にはそこまでの低温を観測した地域はまだ無いです。
1983年の7月21日に南極の標高3,488mの地点にあるボストーク基地-89.3℃が観測されています。

私が中学生の時(まだ冷戦時)、教科書に載っていたのは、ロシアのオイミヤコンの-71.2度でした。1926年1月26日に観測されました。
その時は、すでにボストーク基地で最低気温が確認されていたんですね~

ちなみに地球で一番最高気温が高かったのは、図にある様に、アメリカのデスバレー56.7℃です。
こちらの方が、恐怖を感じますね。
「寒さなら服や暖房で何とかしのげそうですが、暑さだけは長時間は溜まりません」とサウナに入っていて思いましたよ^^;
サウナは、92度でしたが・・

火星は、これから先も気温としてはここまでは無いでしょうね~。

あとがき

火星の気温は地球に比べたらとても低いですが、地球上にも火星の平均気温ぐらい寒い地域が存在します。
最高気温では、日本の平均気温ぐらいになるので、他の惑星に比べると親しみが湧きますね。

なるほど、人類が移住の最高有力候補であるのがうなづけます。
しかし問題は気圧の問題など、果てしなくあると思われます。

私の火星のイメージは、アーノルド・シュワルチェネッガーが主演していた映画『トータル・リコール』です^^;
すごく低い気圧のせいで、シュワちゃんの目の玉が飛び出そうになっていたシーンを見て、火星は怖いなと思いました。
もちろん、その映画の中の火星のシーンは、仮想現実という設定なのですが・・

他、最近では海外ドラマで、漫画「宇宙兄弟」の様なドラマ『マーズ 火星移住計画』があります。
ナショナル・ジオ・グラフィックが政策したドラまで主人公は宇宙兄弟ならぬ、宇宙姉妹です^^
面白いですよ!
そちらの方のドラマを無料で見たいと思って書いた記事がありますので、興味がありましたら読んでください!

人類が火星に移住するとしたら、最終的には、酸素を発生させて地球の様な環境に近づけたいのだと思いますが、最初は密閉された居住スペースが作られると思います。
陸地で重力があると言えども、宇宙船やスペースコロニーの中の様な生活になりますね。

私達が生きている間に、その一歩が実現できるのか?楽しみですね^^

2018年に大接近する火星は、いつもより大きく赤く明るく輝く姿が注目されます!下の記事では、火星までの距離について説明しています。是非ご覧になってください!

スポンサーリンク

雑学

Posted by 40sfile


PAGE TOP