ドライヤーが焦げ臭い原因は?寿命、それとも埃?

ドライヤーで髪の毛を乾かしている時、なにか焦げ臭いと思うときがありますよね!

この記事では、ドライヤーの焦げ臭い原因は何か?を書いてています。

が燃えているのか?火事になる心配はあるのか?それとも寿命

それでは見ていきましょう!

スポンサーリンク

ドライヤーはなぜ焦げ臭いにおいがする時があるの?

ドライヤー内部に埃が付いていませんか?

ドライヤーは扇風機エアコンと同じように空気を噴射する家電です。

空気の吸い込み口と噴射口に網状の埃取りが付いています。

これは埃が機器内部に進入するのを防ぐためと、噴射して髪の毛に埃を吹き付けるのを防ぐためなのですが、その部分には当然埃が溜まります。

この埃をしっかり掃除しないと、内部に落ちる場合があるので、電熱線からの熱で過熱され焦げたり、火花が散ったり、燃えたりすることがあります。

多くのドライヤーが焦げ臭くなる原因は、この埃が理由だということです。

髪の毛

埃だけではなく、髪の毛が進入したい場合も髪の毛が加熱され焦げ臭いにおいがします。

髪の毛が機器内部に侵入することは、埃と比べると少ないですが注意しましょう!

特に髪を乾かすとき、あまり近づけすぎないようにしましょう!

近づけすぎると髪の毛が高熱になって焦げているかもしれません^^;

よく10cmは離しましょうとか書いてありますね^^

電気回路がショート?

特に埃も付いていない、髪の毛をドライヤーに近づけすぎたわけでもないのに焦げ臭いのはなぜだろう??

こういう場合も多いですよね。

そのような時は、ドライヤーの熱を発生させている電熱線が焼けていたり、電気回路がショートしている場合が考えられます。

下記はドライヤーの送風口ですが、中をのぞくと電熱線が見えます。

この写真だとちょっと分かりずらいですね。

ドライヤー使用時(特に強の時)は、電熱線が熱でコードから火花が散ったり、冷風しか出なくなったりすることがあるらしいです。

火事の原因になると大変ですので、直ちに使用を中止しメーカーに問い合わせてみましょう!

寿命が原因なの?ドライヤーの寿命は何年?

焦げ臭い匂いは寿命も原因?

焦げ臭い匂いが寿命と関係があるかというと、直接の原因では無いですが、あります。

やはり長年使っていると、埃や汚れがドライヤーの電熱線や加熱部付近に付いてきまよね。

それらが加熱され燃えれば、当然焦げ臭い匂いがすることになります。

他にも電熱線やモーター部も古くなると高熱になり、臭い匂いがする原因となりうるかもしれませんね。

ドライヤーの寿命は何年?

ドライヤーの寿命は、ドライヤーのモーターに関係があります。

大切に使っていて、最初に壊れるのはモーターです。

大体130~140時間持つらしいのですが、日数としては、髪の毛が長い人と短い人では大きな違いがありますね!

わたしは男性で髪が短いので、30秒~1分で乾いてしまいます。

仮に1分だとすると、130(時間寿命)×60(分)÷1(分、私の場合)=7800日

毎日2回使っても7800÷2=3900日 ⇒ 10年以上使えることになります。

実際もう10年以上使っています^^;

女性をはじめ、髪が長い人はドライヤー1回の使用で5分とか長い人だと10分近くもドライヤーを当てる人がいるそうです。

毎日5分使うと、

130(時間寿命)×60(分)÷5(分、私の場合)=1560日

朝晩2回使うと、1560÷2=780日 ⇒ 2年50日ですね^^;

家族で使うと、さらに寿命が短くなります。

完全に消耗品なんですね。

スポンサーリンク

ドライヤーのメンテナンス

ドライヤーのメンテナンスということで、不使用時の管理(コードの巻き方)と埃の取り方に分けて見ておきましょう!

コードの巻き方

コードの巻き方ですが、断線してドライヤーが動かなくなるので注意が必要です。

ドライヤーのコードの巻き方の間違いで多いのが、ドライヤーの本体に巻きつけるパターンです。

これはドライヤー本体とコードのつなぎ部分辺りに負荷がかかり断線する大きな原因となります。

写真で見るとこの赤丸で囲った部分ですね。

気をつけましょう!

コードは下記写真の様にコードの中の導線に負担を掛けないようにゆるく巻いておきましょう。

埃の取り方

綿棒布(ガーゼなど)に、水を浸み込ませて埃が付いている部分をなぞって下さい。

埃が水分があるせいで、まとわり付いて来ます。

少しでも水分があると、埃が舞ってドライヤー内部に侵入することが少なくなるので埃の加熱による焦げたにおいや故障の原因を少なく出来ます。

どうしても取れない埃は爪楊枝ピンセットなども使ってみましょう!

煙、火花が出たら?火事にならない?

そうですね、危険ですね。

煙が出たり、火花が散ったりしたら危険です。

家事のもとになりえるので、使用をやめましょう!

埃が原因では無いかも知れませんが、日本では年間ドライヤーによる火災が30件起こっているそうです。

ドライヤーのスイッチの切れ忘れや、落下して勝手にスイッチが入った場合ぽいですが・・

切れ忘れや落下に気をつけましょう!

新品なのに焦げ臭い場合

これは初期不良の場合が考えられますね~。

直ちにメーカーへ問い合わせましょう!
新品なら保障期間が過ぎていないはずなので、新しいものと取り替えてくれると思います。

保証書は、しっかり保管しておきましょう^^;

あとがき

僕の場合、なんだかんだ言ってもドライヤーはすごく長持ちするので大学生になった時から、25年ぐらいでまだ2台目です^^;
これでは新しいものが出て欲しくなっても、そうそう買えませんね。

ジムの更衣室のドライヤーなどは、実際数ヶ月単位(少なくても半年ぐらい)単位で新しいものに入れ替わってる気がします。
毎日多くの人にたえず使われていますからね~

上記のドライヤーの寿命のシュミレーションから考えると寿命はもっと早いはずですが、そう簡単に判断は出来ないのかもしれないですね^^;

寿命やメンテナンスの話に話題が逸れてしまいましたが、ドライヤーを使っている時、焦げ臭いにおいがしたら火災を避けるためにも原因を考えてみましょう!

異臭が続く様なら直ちに使用を止め、メーカーに問い合わせてください!

他にもこんな記事を書いています。よろしかったら読んでいって下さいね^^



スポンサーリンク

掃除

Posted by 40sfile


PAGE TOP