『アプリって何?』アプリとは何か、初心者向けにその意味を解説!

スマホ時代が到来し、今では誰でもアプリ、アプリって普通に使っています。

でもただ使っていても、実のところ『アプリって何?』という疑問を持っている人は、結構いることでしょう?

アプリは私が子供の頃、WindowsもマックOSも無い頃から存在し、私も使っていました。

スポンサーリンク
当時は記録媒体がカセットテープであったりして、フロッピーディスクが使えるものは上位機種でした。

私の購入したパソコンには『アプリケーション』という名のテープが付いていました。

今でこそ、それが何を示しているか分かりますが、当時は分かりませんでした^^

ただ何かソフト(プログラム)がいろいろ入っていました。

今回はそんなアプリが何か簡潔に答えようと思います。

アプリって何?


最初にアプリとは、「application(アプリケーション)」の略語です。

このアプリケーションとは、プログラムをパソコンやスマホなどで動かすことが出来る状態にしてあるものです。

パソコンではソフトということが多いですね。

昔から、コンピューターのプログラムのことを「ソフト」ということが多かったですが、「アプリケーション」ということもありました。

エクセル、ワード、Windows Medeia Player,iTunes,Internet Explorer,Google Cromeなどこれらもみんなソフトだし、パソコン上で動かせるアプリケーションです。

現在はスマホが当たり前の時代となったのですが、アプリという言葉が使われるようになったのは、そのスマホの急成長に合せてですね。

イメージ的には、スマホのOS(アンドロイドやiOS)専用のプログラムソフトっていう感じでしょうか?

スマホの世界では、ソフトとは言わないですよね!

ソフトというか?アプリケーションというか?その略語のアプリというか?はそのハードウェア環境や時代の慣習みたいなものです。

スポンサーリンク

WEBアプリとは何ですか?

アプリとは基本的に、パソコンやスマホでプログラムが動く基盤であるOS上で動きます。

このOSというのが、今回の説明の肝です。

OSとは『Operating System』の略です。このOSの上で各プログラムが動かすことが出来ます。

普通、私たちが認識しているOSはパソコンに入っているWindowsやiOSあとスマホに入っているAndroidです。

これとは違いインターネット上のサーバーと言うところに、プログラムが置いてあって、私達はInternet Explorer,Google Crome,Safariなどのブラウザを使って動かすことが出来るソフトがあります。

こういうのを『WEBアプリケーション』といいます。

WEBアプリケーションの例としては、例えば、Gmail、twitter,Facebook,google検索,yahoo検索、スカイプ,DropBoxなどあります。

いわゆるクラウドというものはみんなそうですね!

サーバーとはインターネット上にある大きなハードディスクの様なもので、もちろんOSもいインストールされています。

私たちはブラウザ(インターネット閲覧ソフト)を使って、その中のアプリケーションを使うことになります。

まとめ

  • アプリ ⇒ アプリケーションの略語 = ソフト
  • アプリケーションとは、OS、デバイスで動かすことが出来るプログラム
  • スマホOSで動くプログラム⇒アプリ
  • パソコン上で動くプログラム⇒ソフトということが多い、アプリケーションと言うことも
  • WEBアプリケーションは、ネット上に置いてあるアプリケーション
  • WEBアプリケーションは、ブラウザ上で操作が出来る

こんな感じで覚えておけばよいと思います^^

スポンサーリンク

雑学

Posted by 40sfile


PAGE TOP